生産者紹介

「糧の郷」を支える生産者

家族で楽しく、賑やかに米作りを営んでいます。

写真は、除草剤を使用せずブームモアで除草している風景。

豊かな水と大地に恵まれた富山から

富山県は降雨、降雪の多い気候であり、立山連峰や飛騨山脈からの豊かな水と扇状地という大地に恵まれ、水田率が日本一の土地です。その豊かな自然の富山県で主食用、業務用、飼料用など多用途で生産した色々なお米を全国、海外の皆様に毎年心を込めてお届けしています。

写真はイタリアの田園風景です。

国際化に対応する米作り

農作業の効率化、規模拡大を図るため、海外での研修や視察、現地の人との交流を行っています。日本の大規模農場に近い、イタリアの大規模農場の稲作経営を目標に、米消費の多様化に対応する米づくりを目指しています。

私たちが作っています

経営者の杉本 明雄、息子の拓己と季大が毎年心を込めて生産しています。
拓己は2019年に脱サラし、米作りを継ぐことを決意し、季大は12年間神奈川県のJAに勤めた後、富山に戻り米作りに携わっています。

拓己曰く
「農業後継者が激減して人材がピンチな状況の中で、これは逆にチャンスになるのではないか。という事と、家業を継ぐということは親孝行になると考え米作りを継ぐことを決意した。」

季大曰く
「神奈川にいる間も、毎年9月に連休をとって収穫の手伝いにくるほど農業が好き。当社が2018年に法人化することをきっかけに富山に戻った。家族と触れ合う時間を増やせたことで仕事も私生活もとても充実している。」

とのこと。
これからも、家族で支えあいながら目標とする規模の拡大と美味しい米作りを目指します。

「糧の郷」とともに育つ未来の生産者

経営者の孫も米作りに関わりながらスクスクと成長しています。
後継者がいないと言われている農家が多い中、未来の後継者として期待しています。
またこの未来の後継者に、より良い米作りの環境を残すことも、当社の使命と考えています。

  • ラジコンヘリによる基幹防除

  • お米とともに遊ぶ、未来の後継者

  • 農道をキレイにお掃除

  • 播種機二連による播種作業

お問い合わせ

Contact

ご不明な点・ご質問等ございましたら
お電話またはメールフォームよりご連絡ください

phone076-454-3323

(FAX:076-456-8971)

受付時間:平日 10時〜 17時